ダニ対策|赤ちゃんを守るために知っておきたいこととおすすめシート

赤ちゃんの健康を守るのために、毎日頑張っているお母さん。
少しの部屋の汚れで赤ちゃんに影響があるので、
特に掃除は神経質に行っていると思います。

そこで気になってくるのが、ダニです。
ダニの影響で鼻水が止まらなくなったり、喘息の原因にもなるのでしっかりと対策する必要があります。

肉眼で見ることが困難なダニですが、きちんと対策をすれば大幅に退治することが出来ます。

そこで今回は、ダニから赤ちゃん守る方法など詳しくご紹介していきましょう!

ダニの生息場所


ダニから赤ちゃんを守るには、まずはダニの生息場所を知ることが大切です。
ダニはホコリの中に潜んでいるので、ホコリがたまりやすい場所は要注意です。

特に部屋の隅や、布団衣類の中は、ダニにとってホコリの多い快適な

住処になりやすいので、それぞれに合った対策が必要になります。

また、見落としがちなところとして、赤ちゃんが大切に抱っこしているぬいぐるみも、ダニにとっては住みやすい場所といえます。

布団や衣類、ぬいぐるみなで、直接赤ちゃんが触れるものにダニが沢山住んでると考えると、恐ろしいですね・・・

それでは、どんな対処法があるのか、ご紹介していきます。

掃除は部屋ごとに方法を変える

一言に「お部屋」といっても、フローリングだったり、絨毯だったり、畳だったりと、作りが違います。

それぞれのお部屋に合わせて掃除の方法を変えればダニ対策が出来るので、ご紹介していきます。

フローリングのお部屋の場合

フローリングのお部屋の場合、ホコリが宙に舞いやすくなります。
そのため、掃除機ではなくウェットタイプのフローリングシートでのお掃除が効果的です。


隅から隅までこまめに拭くことで、ダニの住処であるホコリを大幅に軽減することができます。

絨毯や畳のお部屋の場合

フローリングと比べて、絨毯や畳のお部屋は、特にダニの住処になりやすいです。
それに加え、絨毯の毛や畳の目の間に住み着いたダニは取りづらいのが難点です。

パワーのある掃除機なら、たくさんのダニも吸い取ることも可能ですが、
ゆっくりと前後左右に丁寧に動かして掃除機をかけると、パワーがそこまで強くなくても、ダニを吸い取ることが出来ます。

また、絨毯や畳の部屋は、フローリングと比べて、意識して長い時間をかけて掃除機を掛けるようにしてください。

そうすれば、しっかりとダニを取り除くことが出来るようになります。

布団にも掃除機を掛ける

お部屋だけではなく、赤ちゃんが寝ている布団もこまめに掃除機をかけましょう。

布団表面にはダニそのものが生息しているのはもちろん、
ダニの死骸やフン、ダニの栄養になる皮脂や髪の毛、フケなどが存在します。

その不要物を取り除くためにも、布団の掃除機がけが必要になります。

こまめに敷布団だけでなく掛布団、毛布、枕にもしっかりとかけてください。

ダニは繊維に絡みついているので、縦、横の両方向からゆっくりとかけてきます。

ダニは栄養源が多い頭の近くや枕に集まりやすいので、
その辺りは特に重点的におこなってください。

頭の部分にはタオルを敷いて、毎日取り換えるようにすると掃除が楽になります。

布団用の掃除機や専用の取り換えノズルがあるとスムーズに行えますが、
ない場合は、通常のノズルにストッキングをかぶせるとかけやすくなるのでおすすめです。

ダニ対策の掃除機掛けのコツ

ダニは夜に活動的になる習性があり、暗くなるとエサを食べるために布団やじゅうたんの奥から表面の方に出てきます。
このタイミングで掃除機をかけると効率的にダニを取ることが出来るのですが、夜に掃除機は近所迷惑になりますよね?

そこで、日中でも掃除機をかける1時間程度前から、
雨戸やカーテンを閉めて部屋を暗くしてみてください。

夜と勘違いしたダニが表面に出てきやすくなるので、

効率よく掃除機をかけることが出来ます。

また、ダニのフンや死骸は、赤ちゃんを布団から抱き上げたり、布団を敷いたり移動させたりすると、空中に勢いよく舞い上がって、てゆっくりと時間をかけて落ちてきます。

こちらもダニのフンや死骸が舞い落ちるのを、
1時間程度待ってから掃除機をかけるようすると効率的です。

なので、

  1. 赤ちゃんのお部屋から赤ちゃんを移動
  2. 布団の移動や敷きなおし
  3. 部屋を暗くする
  4. 1時間程度待ってから掃除機をかける

この手順でやると、より効果的にダニ対策になるので

試しててください!

布団を干すことより温度を意識する

布団や衣類のダニ対策として、布団の天日干しを真っ先に思い浮かべると思います。

天日干しでは布団に含まれる湿気を取ったり、日光の紫外線による殺菌効果があったりと良いことではあります。
しかし、実はダニ対策としては効果が弱いんです。
もちろんやらないよりもやったほうが良いですよ。

効果が弱いと言われる理由は、ダニは50度以上の熱を当てないと死滅しないからなんです。

真夏の日中であれば、表面が50度以上になる可能性もありますが、通常なかなか超えることはありません。
ダニは年中発生するので、干す行為よりも温度を考える必要があります。

そこで、50度以上で布団や衣類を乾燥させる方法をまとめました。

乾燥機を使う

家庭用でもコインランドリーでも、一番手っ取り早く効果的なのが「乾燥機」です。
乾燥機なら一年中、天気に関係なくいつでも高温で乾燥が可能です。
また、天日干しでは排気ガスや花粉、お隣の国からのP.M2.5や黄砂といった赤ちゃんにとって良くないものもたくさん付着してしまうこともあります。

乾燥機ならこれらの心配もありませんね!

アイロンをかける

アイロンをかけることで、布団や衣類を50度以上にすることが出来ます。

布団の場合、赤ちゃんの汗やよだれといった湿気もすぐに高温で乾燥が可能なので、こちらもお手軽で効果的な方法です。

また、死角になりやすり、チャックの部分や布団の隅や縁を

ピンポイントで狙うことも出来るので、乾燥機や天日干しの

仕上げとしてもおすすめの方法です。


真夏限定の方法

真夏限定の方法ではありますが、

  • 黒ビニールに入れて干す
  • 炎天下の車内に干す

という方法もあります。

黒いビニールに入れると熱を吸収しやすくなりますし、

炎天下の車内は灼熱なので50度以上で干すことが可能です。

いつも使える方法ではありませんが、夏場は皮脂などがたまりやすくダニも増えやすいので、選択肢の一つと覚えておくと便利です。


洗濯も効果的

日常的に行っていると思いますが、洗濯もかなり効果的です。

家庭用の洗濯機でも洗濯するだけで80%以上のダニを駆除できると言われています。

これは、衣類だけじゃなく布団もやぬいぐるみも同じなので、定期的に丸洗いは行いましょう。

家庭用の洗濯機では布団の丸洗いは大変ですが、

コインランドリーでは大体布団用の大型の洗濯機があります。

また、最近では宅配クリーニングも人気です。

宅配クリーニングはインターネットで申し込んで布団を宅配便で送るだけです。
発送も受け取りも自宅に居ながらできるので、育児でなかなか外出しにくい方には重宝するサービスなので、ぜひ活用してみてください。


忙しくて面倒な方には「ダニ捕りロボ」

共働きや、初めての育児など、ゆっくりと毎日掃除や洗濯ができない方や、

めんどくさがり屋の方におすすめなのが「ダニ捕りロボ」です。


これはダニ捕りシートの一つで、ダニが気になるところに設置するだけで

勝手にダニを捕獲してくれる「ごきぶりホイホイ」のダニ版といえるアイテムです。

これなら、布団の奥に潜んでいるダニも自分から寄ってきて捕獲されるので、

掃除機を長時間かけなくても大丈夫です。

また、バルサンなどの殺虫剤とちがい、1箇所に生け捕りにするので、

死骸の処理にもしなく良いんです。

そんな、ダニ捕りシートの中でも「ダニ捕りロボ」は一般的なものとはちょっと違っていておすすめだったので、紹介してみたいと思います。

ダニ捕りロボは捕獲するだけじゃない

一般的なダニ捕りシートは、ダニをおびき寄よせて粘着シートで捕獲します。

粘着シートだと粘着効果の衰えも早く、生きたままなので、最悪逃げてしまうダニもいます。

また、目に見えないとはいえ、大量のダニが生きたままウヨウヨシートの中に何百、何千とうごめていると思うと気持ち悪いですよね・・・・

ですが「ダニ捕りロボ」は日米で特許を取得した独自の方法で、捕獲したダニを乾燥させて封殺します。


これなら捕り逃すこともありませんし、生きているよりは手軽に処理しやすいとおもいませんか?

しかも1度設置すると3か月持つので、交換が3か月に1回だけで良いんです。

赤ちゃんにも安心安全の手法

ダニ捕りシートの中には、捕獲後にきちんと殺してくれるものもあるのですが、

赤ちゃんが触れるところに使うとなると、その成分が気になりますよね?

先ほども言いましたが、ダニ捕りロボは乾燥させて殺すので、殺虫成分は一切使っていません。

また、

  • 経口による健康への障害調べる「急性経口毒性試験」
  • かぶれが発生するかを皮膚につけて調べる「ヒト皮膚一次刺激性試験」
  • 変異原性(遺伝毒性)や発ガン性をしらべる「変異原性試験Ames試験」

もクリアしています。

因みに、急性経口毒性試験では、「食塩よりも毒性が低い」

という結果が出ています。

これなら、赤ちゃんの触れる場所に置いても安心ですよね!


ダニ捕りロボは定期便がお得!

ダニ捕りロボの通常価格は、ラージサイズ2個、レギュラーサイズ3個が入って8208円です。

正直ちょっと高いと感じてしまいますが、

1か月2700円程度で赤ちゃんをダニの被害から守れると思ったら、決して高くないとは思います。

でも、どうせならもっとお得に購入したいですよね?

だったら定期便での購入が断然お得です。

3か月ごとに届く定期便で購入すると、

7962円で購入できるうえに、送料(648円)まで無料になります。

さらに今なら、LINE@に登録で500円クーポンもゲットできるので、

もっとお得に購入可能です!

(※クーポンはいつまでもらえるか分からないのでお早めに!)

商品が届く2週間前なら、いつでも定期便の解約ができますし、

余った時には最大6か月間の発送停止も出来るので、

自分のペースに合わせて使うことも出来ます。

大切な赤ちゃんのために、ダニ捕りロボでダニ対策してみませんか?


ダニに刺された時の対処法

ダニに刺されて赤くなった時は、市販の痒み止めなどはおすすめできません。
大人には問題なくても、赤ちゃんにはトラブルが起きる可能性があります。
なので、必ず病院で薬を処方してもらってください。

どうしても市販薬を使う時は、あかちゃん専用の痒み止めを選びましょう。
ダニに刺された後6~8時間すると強い痒みが発生しますが、

その時は冷たいタオルなどで冷やしてあげると和らぎます。

引っかき防止のためにミトンを手に被せたり、爪を短く切っておいたりして回復を待つようにしてください。

赤ちゃんは、反射的に痒い部分を掻きむしってしまうことがあるため、
ダニに刺された部分が治るまできちんとケアしてあげることが大切です。
このように少しでも早く対応してあげれば、悪化する事なくきれいに治るでしょう。


こうならない為にも、しっかりと赤ちゃんをダニから守る対策をしてあげてください。